2015年07月02日

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をホメる!

どうも、黒道です。

とうとうこの日が来てしまいました。私はある種の使命感すら心に抱きながらこの文章を書いています。なにせ初めての「現在公開中の映画作品ホメカツ」ですからね。
旧作DVDばっか見てるより、本来ならそっちの方が作品評ブログっぽいじゃないですか。映画館はお金かかるからあんまり行きまくれないのが悔しいですけど、でっかい画面に臨場感あるサウンドに、本来なら映画館に行った方が絶対いいんですよ。
久々の映画館で見る映画がこの作品で本当によかった。そんな思いを抱えつつ、早速紹介していきましょう。

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』



2015年、オーストラリア・アメリカ。荒廃した未来の世界を描いた、ジョージ・ミラー監督のアクション映画です。

……あ、まだ当然映像ソフト化はされてませんので、上の画像をクリックすると買えるのはDVDやブルーレイじゃなくてポスターです。ご注意ください。

この作品は『マッドマックス』シリーズ第四弾。前作『マッドマックス/サンダードーム』から27年ぶりに公開された、いわゆる最新作というヤツです。すごいですね、27年ぶりですってよ27年ぶり。私の人生より長い時間ですよ。
偉そうに「最新作だよ!」なんて紹介してますが、先に白状しますと私『マッドマックス』シリーズ見るのこれが初めてです。本当はレンタルで見ようとしたんですが、最新作の圧倒的人気により近所のレンタル店では全部借りられてました。許せなかったのでもう最新作だけ見ちゃうことにしました。くそぅ。
それでも不安がなかったわけじゃないんですよ。周りの人から「最新作だけ見ても十分面白いから見れ」と言われてたんですが、「いや、そうは言うけどやっぱ前作要素とかあるでしょ?」とか。前作見てなきゃ楽しめない部分あるんじゃないかなとか。

結論から先に申し上げますと、完全に完全な杞憂でした。
まだ最新作しか見てない私が言うんだから間違いありません。これだけ見ると面白さが削がれるって要素なんかほぼゼロと申し上げても差し支えありませんよ。
本シリーズを初めて見たという立場にある者のひとりとして、ここからはホメカツしていこうと思います。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 17:07| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

映画『アイス・ジョーズ』をホメる!

どうも、黒道です。
今晩『マッドマックス 怒りのデスロード』を見に行く予定なのですが、その前に『ボウリング・フォー・コロンバイン』と一緒に借りてたDVDを三本も見ねばならず、つい先ほどまで、夜じゅう見ていました。ハイ、無事終わりましたよ。映画を見に行く体調としては若干の不安がありますけどね……。

というわけで、皆さんにどれから紹介したもんかなと色々悩んだんですが、最終的にトップバッターを務めるのはコイツしかいないという結論で落ち着きました。

映画『アイス・ジョーズ』



2013年、カナダ。スコット・ホイーラー監督の動物パニック映画です。

はい、ご覧のとおりです、『サメ映画』ってヤツです。
いや、私全然サメ映画のこと知らないんですよ。『ジョーズ』とかも全然見てないので。映画ファンみたいなツラしてますけどそういうの多いんですよ私。いや不勉強で申し訳ないです。
で、そんな私の元に『テレビでやってたからこれホメカツしてみて』と挑戦状が飛んできたので、このたび借りて見てみたってワケなんです。

いや、これが見てみますと見事なB級映画でして。非常に楽しんで見ることができました。
早速紹介していきたいと思います。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 07:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』をホメる!

どうも、黒道です。
以前からリクエストいただいていた作品を何本か借りてきましたので、今順番に見ているところです。
本当は現在劇場公開中の映画『マッドマックス 怒りのデスロード』の過去作を借りたかったのですが、案の定大人気で、一本たりとも残っておりませんでした。2以降ならあったんですが「一本目から通して見られないならもう過去作は見ずに劇場に行く!」と決めていた私はそれに見向きもせず、別の映画を何本か借りて参ったというわけです。
まあ、『マッドマックス』は今度ゆっくりホメカツするとして……。

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』



2002年、アメリカ。マイケル・ムーア監督によるドキュメンタリー映画です。

はい、当ブログとしては新境地です。ドキュメンタリー映画。
ご存知の方も多いでしょうが、マイケル・ムーア監督といえば、突撃取材とユーモアある風刺を芸風とするドキュメンタリー映画監督です。アメリカに住むひとりの白人として、アメリカの持つ様々な問題を描いた作品を制作しています。
私は数年前、同監督の『シッコ』という作品を見たことがあり、名前やその作風くらいは知っていました。今数年越しにホメカツという場でもう一度出会うことになったわけですね。
ぶっちゃけ、ドキュメンタリーはホメカツしていいもんなのかな? って思うんですけどね。フィクションを扱った時以上に私の知識のなさがバレそうだし、政治的な立場を表明してしまっていらんところで反感を買ったら嫌だし……とか余計なことを色々考えちゃうんですけど、ええ、その葛藤の結果は、この記事が存在することからも明らかです。ホメカツしちゃいます。
今回ムーア監督が描いているのはアメリカの『銃所持問題』。皆さんはこの映画を見て、どうお考えになるでしょうか……?
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 05:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。