2015年06月19日

アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第十話』をホメる!

どうも、黒道です。
新しいパソコンが届いたので楽しくブログ更新だ、と思ったのですが、今週別のタスクがありまして、そっちに心のパワーを割いていたら結局一回も更新できないままこの日を迎えてしまいました。すみません、来週からはもーちょっと更新できるといいなと思いますね。
さて、というわけで。

アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
『第十話 ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ Part2』




2015年、TRIGGER制作のアニメです。ニコニコ動画等の動画配信サイトにて配信されています。
元エピソードは物理書籍第三巻に収録されています。



今日もこのアニメを見ていきましょう。

ユタンポ工場に偽装されたヨロシサンの秘密工場に、ヤンバナ・サシミ事件の真相、そしてタケウチの特効薬を求め潜入した、ナンシー&ニンジャスレイヤー
ところが、そこに現れたのはバイオインゴット製造機を求めるフォレスト・サワタリ&ノトーリアスサヴァイヴァー・ドージョーコンビ。そして、ソウカイ・シックスゲイツのセキュリティ担当、ダイダロス
一見関連の薄そうな2勢力ですし、実際共闘関係にあるわけでもなんでもないんですが、困ったことにどちらも「ナンシー=サンをヨメにする」という目的を持ってるモンだからさあ大変。豊満は変な男ばかり寄ってきてやーですね。
果たして、勝手にヨメ扱いしてくる二者を退け、無事目的のブツをゲットできるのか!?

というのが先週までの話。
ナンシー=サンの豊満はどうなってしまうのでしょう。さっそく見ていきましょう。

ナンシーを求め、背後から迫ってくるサヴァイヴァー・ドージョー。
彼らから逃げるため、ニンジャスレイヤーはナンシーを抱え走ります! 大量のサスマタが飛んでくる恐ろしいトラップを、後ろからニンジャが追ってきてるという状況下で、ナンシーを抱えつつ潜り抜ける。やはりフジキドでなければ不可能な芸当です。

キャプチャ_2015_06_19_02_27_08_91.jpg

ナンシー=サン、抱えられてるくせにドヤ顔です。

キャプチャ_2015_06_19_02_29_56_881.jpg

この先に問題のブツが。しかしここから先は、地図もない見るからに危険そうな場所。しかし立ち止まってはいられません。ノレンをくぐり、ふたりは先を急ぎます。

キャプチャ_2015_06_19_02_31_41_438.jpg

何ッ、こんなところに竹林が。しかも突き当たりにはあきらかな壁しかないぞ。行き止まりだ!

キャプチャ_2015_06_19_02_32_57_108.jpg

ああっ! こんなところに隠しLAN端子が! まったく気付かなかった! さすがふたりとも、修羅場を潜り抜けてきただけのことはあります。なんという洞察力か!
ここにLAN直結してパスワードとかを上手いこと解析しないと、ブツがあるメインフレームにはたどり着けないのです。しかし、あんまり時間をかけていると、一瞬でサワタリたちに追いつかれてしまうでしょう。一体どうすれば!?
そこでナンシー=サンは、ある提案をします……。

キャプチャ_2015_06_19_02_36_16_248.jpg

少し遅れてノレンをくぐったサワタリら。
案の定ナンシーがLAN直結して寝てるんですが、そこにニンジャスレイヤーの姿がありません。
どー考えてもこれは罠……そう、ナンシーの豊満に油断しているところをアンブッシュ(不意打ち)する作戦に違いありません。
……ナンシー=サン、この作戦自分で提案したんですよね? 「私の豊満なバストでサワタリを釣るから、その間にニンジャスレイヤー=サンはアンブッシュを仕掛けて!」って言ったんですかね。だとしたらやはり強かな女です、ナンシー=サン。自分の美貌と豊満を自覚してるし、それが武器になると分かってるわけですからね。怖いお姉さんだわ……。

……ムムッ、なんです? アンブッシュは卑怯?
確かにニンジャたちは、戦う前にきちんとアイサツすることで知られるくらい礼節を重んじています。アイサツ中に攻撃するのはスゴイ・シツレイに当たり、どのような無残な殺され方をされようと文句は言えないレベルの案件。それなら、不意打ちなんてのはヤバイ・シツレイなんじゃないか? その発想は理解できます。
しかし実は、ニンジャの世界では『アイサツ前に一回だけならアンブッシュしていい』と決められてるんですね。二回も三回もはさすがにダメだけど、一回ならOK。アンブッシュで死ぬようなヤツがいたら、それはアイサツするほどのカラテも無かった方が悪いというわけなんです。
えっ何なのそれは……と思った方もいるかもしれませんが、これはもう古事記にも書いてある正式な礼儀作法なんです。「アイサツは絶対」って書いてる古事記に「アイサツ前のアンブッシュは一発までOK」書いてるんですからしょうがありません。もうそういうモンなんです。

というわけで、ニンジャスレイヤーのアンブッシュを警戒しつつ、そろそろとナンシーに近付くふたり。
ふたりだって、この先に行かなきゃバイオインゴット製造機が手に入らないんだから必死です。……ホントにあるのかなぁそもそも?
バイオ・イアイドの無敵さをやたら強調するノトーリアスを抑えつつ、サワタリは慎重にナンシーへ近づいていきます。豊満で釣ってアンブッシュなんて見え見えの手を。そんなモノに引っかかるワケないだろさすがにこっちだってニンジャなんだから――

キャプチャ_2015_06_19_03_00_51_298.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_01_49_336.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_01_57_960.jpg

あっ……。

キャプチャ_2015_06_19_03_03_16_478.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_03_33_909.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_03_55_320.jpg

あっ、あーっ……。
……まあ、ナンシー=サンほどの豊満を見たら仕方ないといえば仕方ないですよね……?
並大抵のニンジャならばこのアンブッシュでサヨナラ爆発四散してるところですが、そこはアーチニンジャ憑依者。異常なニンジャ耐久力でもってこれを耐えます。とはいえダメージはデカかったみたいで、立ち上がれない状態。
しかし、無敵のバイオ・イアイドを持つニンジャ、ノトーリアスが残っています。アイサツをキメ、戦闘態勢!

キャプチャ_2015_06_19_03_07_28_264.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_09_21_194.jpg

四本の強靭な腕を使って繰り出されるバイオ・イアイド! そのカラテが伝わってくるアングルですね。
しかし、デカけりゃ勝てるわけではありません! 素早く突っ込んで股の下を潜り、敵の背後に潜り込んだニンジャスレイヤー! 巨大なノトーリアスはそれに気付けません。その隙に、後ろからスリケンを二発!
だがそこは無敵のバイオ・イアイドを持つノトーリアス! この程度では……!?

キャプチャ_2015_06_19_03_14_06_660.jpg

「アバーッ!」
しまった、バイオインゴット欠乏による禁断症状です! 背中の傷がキッカケとなり、一時収まっていた症状がぶり返してしまいました! てかバイオ血液出過ぎだろ! 普通に出血多量で死んじゃうよコレ!
そして、当然この機を逃すニンジャスレイヤーではありません! ノトーリアスの巨体を蹴り上げ天井にぶつけると、落ちてきたノトーリアスの首をサマーソルト・キック! 哀れ、ノトーリアスは爆発四散! サツバツ!

……彼も、バイオインゴット欠乏さえなければ、ニンジャスレイヤーをもっと苦しめていたでしょう……が、環境に文句を言う奴に晴れ舞台は一生来ない。平安時代の哲人剣士、ミヤモト・マサシの言葉です。身に沁みますね……ショッギョ・ムッジョな。

キャプチャ_2015_06_19_03_21_02_58.jpg

さてサワタリ、ここでようやく目覚めます。
自分が豊満に見とれてたのに責任の一端があるとはいえ、大事な家族を殺されたサワタリ、怒りのマチェーテ攻撃を繰り出します。そう、まるで家族を殺されナラクに心を呑まれたフジキドのように……。

キャプチャ_2015_06_19_03_21_22_719.jpg

投げられたマチェーテをフジキドが投げ返し、サワタリがまたそれを投げ返し、フジキドがまたそれを投げ返し……繰り返しながら、二者の距離は限りなくゼロへ。

キャプチャ_2015_06_19_03_21_47_176.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_22_06_588.jpg

ジャングルの猛獣の如く、雄叫びを上げるサワタリ!

キャプチャ_2015_06_19_03_22_48_129.jpg

フジキドだって負けません! メンポの隙間から蒸気を噴き出させ、これに応戦! 両者一歩も譲らぬ攻防!

キャプチャ_2015_06_19_03_28_00_584.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_28_25_24.jpg

フジキドの眼が収縮! 先程の蒸気といい、これはナラク化の兆候だ!

キャプチャ_2015_06_19_03_32_18_247.jpg

決まった! 強烈な一撃! サワタリは吹っ飛ばされ……と、逃走!
いやいや、しょうがありません。こりゃ明らかにサワタリ不利ですし、自分が死んだら誰がバイオニンジャの指揮を執るのか。ここでニンジャスレイヤーと死闘を繰り広げるより、さっさとバイオインゴットを探して逃げた方が得策です。フジキドだって、サワタリと戦いにやって来たわけじゃないですから。深追いはしません。

やれやれ、なんとか退けた……と思っていたら、ナンシーはナンシーでえらいことになっておりました。

キャプチャ_2015_06_19_03_38_25_593.jpg

あ、ヨダレが大変ってことじゃないですよ。コトダマ空間内の話です。

キャプチャ_2015_06_19_03_39_39_749.jpg

黄金立方体が浮かぶ空。コトダマ空間内で空を見上げると、いつもそこには立方体が浮かんでいます。
そしてこの風景は見覚えがありますね。先週と同じ者がシステムを組んだのでしょう、似たようなコトダマ空間が構築されたのです。ってことは、前みたいにひょいと飛び降りてちょちょいとやっつければここもクリアだ。ナンシーは早速解除に向かいます。

キャプチャ_2015_06_19_03_43_07_814.jpg

あれっ、先程までとパターンが違う。ということは、よりタイプ速度の速いコトダマ空間認識者が、このコトダマ空間に干渉してきた可能性があります。いったい誰がそんなことを――

キャプチャ_2015_06_19_03_43_43_725.jpg

!?
出やがりました。ソウカイヤのセキュリティ担当、シックスゲイツの六人がひとり、ダイダロス!
当然ナンシー、Take This! してこれを追い払います。が。

キャプチャ_2015_06_19_03_56_29_287.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_56_50_731.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_57_02_553.jpg
キャプチャ_2015_06_19_03_57_17_569.jpg

あっちからもこっちからも、多重ログインダイダロス!

キャプチャ_2015_06_19_03_57_39_996.jpg
キャプチャ_2015_06_19_04_00_55_157.jpg
キャプチャ_2015_06_19_04_01_14_703.jpg

ナンシーも、タイプ速度のすべてを用いてこれを撃破! 物理法則無視のコトダマ空間内なら、タイプ速度さえあれば、ニンジャスレイヤーでもできないような動きだってできちゃいます。

キャプチャ_2015_06_19_04_02_42_145.jpg

でもちょっとこれは数が異常すぎる。
一体どうすれば。困惑のナンシーに、ダイダロスは更なる精神的ゆさぶりをかけていきます。

キャプチャ_2015_06_19_04_03_30_28.jpg

コトダマ空間とは? コトダマ・イメージとは? 誰がプログラミングしたでもないこの世界は、いったい何なのか? 空に浮かぶ黄金立方体、ニンジャですら思わず本能的恐怖を覚えるあの物体は、いったいどうしてどこにでも現れるのか? 電子のヨメとなって、それを一緒に探らないか?
無論こんなセクハラ野郎の話なんか聞いてたらやられてしまいます。ナンシーはひたすらKick! イヤーッ! Take This!

キャプチャ_2015_06_19_04_09_34_12.jpg
キャプチャ_2015_06_19_04_13_06_388.jpg

ギャアアアアアアア! 数が多すぎる!
ナンシーも未熟なハッカー、しかも相手はソウカイヤ最高クラスのタイプ速度を誇るニンジャ!

キャプチャ_2015_06_19_04_13_57_684.jpg
キャプチャ_2015_06_19_04_14_08_672.jpg

と、捕らえられてしまったぞ! ナンシー=サン! 大変だ! このままでは本当にウスイホンみたいなことになってしまうぞ!

キャプチャ_2015_06_19_04_14_20_78.jpg

「では、ファックします」

キャプチャ_2015_06_19_04_14_30_349.jpg
キャプチャ_2015_06_19_04_19_03_780.jpg

嗚呼、ナンシー=サンはこのまま精神をファックされ尽くし、ダイダロスの論理雌奴隷と化してしまうのか!?
その時である!

キャプチャ_2015_06_19_04_20_35_115.jpg
キャプチャ_2015_06_19_04_20_48_884.jpg

だ、ダイダロスがフジキドに!?
そう、これは偽装ログイン! コトダマ空間が見えないなりに異変を察知し、ダイダロスの接近に気付いたフジキドは、普通にキー操作によるログインを果たしていました。百体を超えるダイダロスが一体Kickされた瞬間にログインすることで、ダイダロスの目を欺いていたのです! そして多重ログインダイダロスを次々Kick!
ぶっちゃけ「ニンジャスレイヤー=サンはLAN直結者でもないしタイプ速度も自分に比べりゃ大したことないし楽勝だろ」とナメきっていたダイダロスは、まさかこの場にフジキドが乱入してくるとは思ってもみませんでした。コトダマ空間も見えない奴に騙されるなんて有り得ない! 大きく動揺したダイダロス、タイプ速度がガクッと落ちてしまいます。
当然、そこを見逃すナンシーじゃありません。

キャプチャ_2015_06_19_04_20_19_250.jpg

この程度のタイプ速度なら、ニンジャとLAN直結者ふたりでKickしまくれば大したことありません。ヘイキンテキを失ったダイダロスは、あっという間にKickされ尽くし、残り一体になってしまいます。

キャプチャ_2015_06_19_04_31_52_538.jpg

「さようなら、ダイダロス=サン」

キャプチャ_2015_06_19_04_32_07_688.jpg
キャプチャ_2015_06_19_04_32_20_74.jpg

ファイヤーウォールを破られニューロンを焼かれたダイダロスは、その場で意識を失いました……。

フーッ、これにて一件落着ですね。
……ちょっと待って! ブツが手に入ってないやん!

そうです。サヴァイヴァー・ドージョーにダイダロスにと強敵を相手にし過ぎて忘れてましたが、ここに来た理由はこの先。管理室にあるデータをいただかなきゃ帰れません。タケウチのワクチンも。
ザゼンドリンクを一気に五本も飲んだナンシーは、最後の戦いに臨みます。ただ見守ることしかできないフジキド……と、その時。

キャプチャ_2015_06_19_04_40_30_509.jpg

!?
パス入力を要求されるのは当然として、なんだこのヒントは!? ハッカーでないフジキドには皆目見当もつきません!

キャプチャ_2015_06_19_04_42_58_222.jpg

!?!?!?
しかも、一分で入力しないと施設自体が爆発するだって!? なんて雑なセキュリティなんだ!

キャプチャ_2015_06_19_04_45_12_147.jpg

当然ながら、コトダマ空間にもこの話は届いています。

キャプチャ_2015_06_19_04_45_24_983.jpg

早くこの紙にパスワードをショドーせねば。そしてこのパスワードこそ、あの日のダイイングメッセージ『タヌキ』のはず。早くショドーを……。

キャプチャ_2015_06_19_04_48_35_117.jpg

しかし、ここでナンシーにある疑念が浮かびます。
そもそも、本当にパスワードは『タヌキ』なのか?
いえ、無論ここまでの流れからして、『タヌキ』がこのパスワードと無関係だということは有り得ません。フツーここにタヌキと書くところです。しかしだとしたら、目の前に現れたこのヒントはいったい何なのか? まさか自分は、とても大きな見落としをしているのでは? 刻々と時間は迫り、あと30秒。いったい自分はどうすれば?

キャプチャ_2015_06_19_04_51_21_708.jpg

……チャ?
なぜ鎧がこんなものを?

キャプチャ_2015_06_19_04_53_09_29.jpg

ナンシーは、その鎧の向こうに、かつての仲間の姿を見ました。
『ベイン・オブ・サーペント』にてソウカイヤにその命を奪われたジャーナリスト仲間、ホゼを。

チャドー。
その基本は、心の平静を保ち、迷いを取り除くこと。後にフジキドが出会うことになる、あのスガワラノ老人のように。
ひとたびヘイキンテキを失えば、そこに心の乱れが生じ、それが致命的な敗北に繋がります。家族を失い我を忘れたサワタリのように。欺かれたことに動揺しタイプ速度を一気に落としたダイダロスのように。

たとえそれがコトダマ空間の見せた幻だったとしても、ホゼが差し出した一杯のチャは、彼女に再びの落ち着きを与え、迷いを取り除きました。
そう、『取り除く』。現れたヒント、そして『タヌキ』。暗号の答えは……!

キャプチャ_2015_06_19_05_05_52_410.jpg

そう、それは江戸時代に使われたという暗号形式、『タヌキ・クリプティック』
『タヌキ』とは即ち、文章の中から『タ』を『ヌキ』、その状態で読めという意味。この法則を知る者だけが文章の中から『タ』を取り除き、暗号を解読することができるのです……。

こうして、ふたりは望みの物を手に入れました。ナンシーは決定的な情報の入った記憶素子を。そしてフジキドは、アンプルに入ったワクチンを。

危険を顧みず、己が信念を命懸けで貫き通す。ナンシーとフジキドは、この戦いの中で、お互いの持つその態度に気付きました。最早、利用したりされたりするようなビジネスパートナーの関係ではありません。ふたりの関係は、『仲間』と言えるレベルにまで高まったと言えるでしょう。

キャプチャ_2015_06_19_05_19_12_835.jpg

まあ少なくとも、腕の中で眠れる程度にそう感じているはずです。単純に疲れもあるでしょうけどね。

キャプチャ_2015_06_19_05_12_18_470.jpg

ナンシー=サンに、ゲンドーソー=センセイ。このマッポーの世で、助けたいものが新たに生まれたフジキド。
家族を失った今、自分がこのような感情を持つことは許されるのか。自分はただ、復讐にのみ生きるべきなのか。
悩みながらも、今はただ走れ、ニンジャスレイヤー! Wasshoi!



……いやはや、緊迫感のあるエピソードでした。
もちろん尺の都合でそぎ落とされた部分も多いんですが、今回はニンジャスレイヤーのシリアス部分・笑いの部分が両方出て、なおかつ物語のテーマや深い設定にも触れるという。盛りだくさん過ぎて私も紹介するのが大変でした。

真っ先に語らなきゃならないのは、やはり『タヌキ』の真実。
これ、そこら辺の日本人じゃまず思いつきませんよね。思いついてもやる勇気はとても湧いてきません。だって、『ベイン・オブ・サーペント』の時点でこの構想あるわけでしょ。これで何エピソードも引っ張れませんって常識的な感性だったら……。
でもまあ、原作者のボンド&モーゼズみたいなアメリカ人からすると尋常じゃない難問ですよね。まず「タヌキ」が「『タ』抜き」を意味するなんてのは、日本語を少しかじったくらいじゃ理解が難しいはず。あっちからの視点で見たからこそ、これがトップシークレットを守る究極の暗号足り得たというわけですね。おかげでこっちは笑っていいのか真剣に見ていいのか分かんないテンションなわけですけど。色々カットしてあるアニメイシヨンでも、ここの緊迫感は上手く表現されていたことだと思います。

それにしてもあのシーン。チャが差し出されるシーン。とても良いですよね。
上でも既に書いたんですが、チャはチャドーの象徴、そしてチャドーはヘイキンテキの象徴なんですよね。
迷いを取り除き、平静を保つ。これは、フジキドにとっての永遠の課題でもあるのは、先週までに語ってきた通りです。書きましたよね、忍殺という物語の本質のひとつが『繰り返し』であることは。そう、同じテーマがここでも繰り返されているわけです。
迷いがあれば、憎悪に、ナラクに呑まれてしまう。怒りに任せるのではなくそれを御さなければならない。フジキドにとっての重大なテーマを、追い込まれたナンシーという形で表現したわけです。混乱の中にあったナンシーが、ヘイキンテキの象徴、チャを飲むことで、正しい答えに辿り着く。示唆的です。
更に言えば、ヘイキンテキを失ったニンジャたちがいずれも敗北しているというのも、対比的な表現ですね。皆さんにはどうかこれからも注意深く見守ってほしいと思います。繰り返されるのはバイオ・イアイドの無敵さに関する主張だけじゃないんです。よく見ていれば、きっとこのような主題の反復に気付くことができるでしょう。あたかもゲンドーソー=センセイのインストラクション・ワンのように、何度も何度も繰り返し繰り返し、ボンド&モーゼズは我々にニンジャ真実を訴えかけてきているのです……。

そして、サイバーパンクファンの皆様としては、やはり黄金立方体の謎に迫らざるを得ないところでしょう。
コトダマ空間周りに謎が多いのは先週お話しした通りですが、今回はそこにこの謎のオブジェクトが追加されました。これこそこの作品の根幹に関わる問題なのですが……今はまだ語るべき時ではありませんし、原作でも完全に明かされたわけではありません。皆さんも興味がおありでしたら、ぜひツイッターで本編を追ってみてください。
コトダマ空間の謎になんて興味ないやい! という方も、コトダマ空間が単純にカッコイイ空間だってことは認識していただけると嬉しいですよね。タイプ速度さえあれば、カワイイなナンシー=サンだってフジキド以上のカラテを得られるわけです。条件さえ整えれば、人間が半神的存在であるニンジャと同等に戦えるんですよ。アツいですよね。今後もアニメイシヨンでコトダマ空間バトルがバシバシ見られるといいですね。あ、でもあんまり機会は多くないかな……。

さあ、次回はいったいどんなエピソードが来るんでしょうか。順当にいけば、フジキドはこのままワクチンをゲンドーソー=センセイに届けるはずですが……さて。そこは楽しみに次回を待ちましょう。私も来週までにはもうちょっと記事を上げます。マジで。ハイ。多分……。



それでは、次回のホメカツもお楽しみに!

ブログランキング参加してます。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↓monacoinによる投げ銭メント行為はいつでも大歓迎です。
monacoin:MUfy2FARJdmkzP4KB69GYqbUqKhrgSDTSr
posted by 黒道蟲太郎 at 05:56| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。