2015年07月14日

映画『ある優しき殺人者の記録』をホメる!

どうも、黒道です。
一昨晩どうやら大分で地震があったようなのですが、福岡住まいの私はまったく気付かず眠りこけていました。私が住んでる地域は別に震度五強じゃないからいいんですが、突然夜中にガチな感じの地震来たらちゃんと逃げられるのか心配です。寝てる間に脱出不能になってたらヤバいですよね。

さて、今回は久々に(?)ですね、白石晃士監督の作品をホメカツしていきたいと思うわけですよ。

映画『ある優しき殺人者の記録』



2014年、白石晃士監督作品。日本・韓国制作のサスペンス・スリラー映画です。

白石監督の作品は、当ブログでも何度もホメカツしてきました。『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズ、そして『カルト』『オカルト』という具合で。今コワすぎ! シリーズの新章『超コワすぎ!』もあってるし劇場で見たいんですが、金に余裕のない福岡住まいの私は上映してる劇場までなかなか行けませんで、歯がゆい思いです。

で、これはそんな白石監督が、自分の得意技を全部ぶち込みましたみたいな、白石晃士作品のひとつの到達点感すらある作品であります。早速その内容を紹介していきたいと思います。
今回はネタバレ多めです。語りたい部分が結構本筋にガッツリ絡むので。ご注意ください。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 08:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。