2015年07月08日

映画『博士の異常な愛情』をホメる!

どうも、黒道です。

マッドマックス 怒りのデス・ロード」の記事や、「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」最新話の記事、多くの方に見ていただけたようで光栄です。前者はともかくとして後者は記事の内容云々というよりナンシー=サンの痴態を見に来た方が多かったんじゃ? って感じはします。
まだホメカツできていない作品がどんどん増えています。先週から先々週にかけて映画を見すぎましたね。このままじゃ記事が追いつかなくなるので、ゆっくりでも皆さんに紹介していかねばなりません。
というわけで、リクエストいただいていたこの作品を。

映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』



1964年、イギリス・アメリカ制作。スタンリー・キューブリック監督のブラックコメディ映画です。

おお。白黒映画です。モノクロ映画ですよ。こりゃ結構時代遡っちゃったかな、行くところまで行っちゃったな? なんて思いましたけれど、別にこの頃はもう白黒映画全盛期ってわけじゃないみたいですね。キューブリック監督もモノクロ映画を撮ったのはこれが最後みたいですし。
とはいえもう50年以上前の映画ですよ。すごいですね50年って。半世紀ですよ。昔の映画であっても、DVD店に行けば簡単に借りられる。いい時代です。50年前に映像として記録されたものがほぼ変わらない形で何の努力もなしに手に入るんですよ。すごくないですか。

そうそう。キューブリック監督といえば、このブログじゃ以前『シャイニング』をホメカツしたことがありましたね。アレは相当面白い映画でした。
私キューブリック監督作品全然見たことないので申し訳ないんですが、『2001年宇宙の旅』とか『時計仕掛けのオレンジ』とか、そしてこの『博士の異常な愛情』とか、私みたいに映画に全然詳しくなくてもタイトル知ってるくらい有名じゃないですか。映画全然詳しくない私が知ってるくらいですから、やはりそこには現代に残って然るべき、普遍的な何かがあるってことですよね。

とか色々言いつつ、私基本的にどんな映画なのか先に調べないで見ちゃうタイプの人間なので、上に書いたようなコトって結構後付け感あるんですよね。実際には「キューブリック監督の作品なんだ、ふ〜ん」くらいの感覚で見始めました。その結果どのような感想を抱いたかは、続きをご覧ください。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 01:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。