2015年07月08日

映画『博士の異常な愛情』をホメる!

どうも、黒道です。

マッドマックス 怒りのデス・ロード」の記事や、「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」最新話の記事、多くの方に見ていただけたようで光栄です。前者はともかくとして後者は記事の内容云々というよりナンシー=サンの痴態を見に来た方が多かったんじゃ? って感じはします。
まだホメカツできていない作品がどんどん増えています。先週から先々週にかけて映画を見すぎましたね。このままじゃ記事が追いつかなくなるので、ゆっくりでも皆さんに紹介していかねばなりません。
というわけで、リクエストいただいていたこの作品を。

映画『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』



1964年、イギリス・アメリカ制作。スタンリー・キューブリック監督のブラックコメディ映画です。

おお。白黒映画です。モノクロ映画ですよ。こりゃ結構時代遡っちゃったかな、行くところまで行っちゃったな? なんて思いましたけれど、別にこの頃はもう白黒映画全盛期ってわけじゃないみたいですね。キューブリック監督もモノクロ映画を撮ったのはこれが最後みたいですし。
とはいえもう50年以上前の映画ですよ。すごいですね50年って。半世紀ですよ。昔の映画であっても、DVD店に行けば簡単に借りられる。いい時代です。50年前に映像として記録されたものがほぼ変わらない形で何の努力もなしに手に入るんですよ。すごくないですか。

そうそう。キューブリック監督といえば、このブログじゃ以前『シャイニング』をホメカツしたことがありましたね。アレは相当面白い映画でした。
私キューブリック監督作品全然見たことないので申し訳ないんですが、『2001年宇宙の旅』とか『時計仕掛けのオレンジ』とか、そしてこの『博士の異常な愛情』とか、私みたいに映画に全然詳しくなくてもタイトル知ってるくらい有名じゃないですか。映画全然詳しくない私が知ってるくらいですから、やはりそこには現代に残って然るべき、普遍的な何かがあるってことですよね。

とか色々言いつつ、私基本的にどんな映画なのか先に調べないで見ちゃうタイプの人間なので、上に書いたようなコトって結構後付け感あるんですよね。実際には「キューブリック監督の作品なんだ、ふ〜ん」くらいの感覚で見始めました。その結果どのような感想を抱いたかは、続きをご覧ください。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 01:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第十二話』をホメる!

どうも、黒道です。

今週は割と充実した映画生活のうちに今日を迎えることができました。なんか別にチェックポイントじゃないんだからこのアニメのホメカツするたびに今週のホメカツ状況を振り返るのやめた方がいいんじゃないかって気もするんですが、節目みたいなのは重要でしょうし許してください。

アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
第十二話『デイ・オブ・ザ・ロブスター』




2015年、TRIGGER制作のアニメです。ニコニコ動画等の動画配信サイトにて配信されています。

ば……ば……馬鹿……な……。
まさか、この、このエピソードが映像になるなんて……そんなことがあるはずない……だってあのエピソードは……!

ハァーッ……私がまだ正気を保てているうちに、説明をしましょう……。
『デイ・オブ・ザ・ロブスター』とは。物理書籍未収録の、時系列的には第一部に当たるエピソードです。
ところが、あまりの内容のしょーもなさから、「本当に原作者が書いたのか?」「実際ゴーストライターの仕事では?」という噂が絶えません。あまりにもしょーもない故、このエピソードの話題を出すたびにほんやくチームに怒られてしまうほど……最近は割と触れてもいい空気になってきていると思っていましたが……まさかアニメイシヨンでその姿を見ることになるなんて……。

さあ、見ようじゃありませんか! このジゴクを!
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 03:55| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をホメる!

どうも、黒道です。

とうとうこの日が来てしまいました。私はある種の使命感すら心に抱きながらこの文章を書いています。なにせ初めての「現在公開中の映画作品ホメカツ」ですからね。
旧作DVDばっか見てるより、本来ならそっちの方が作品評ブログっぽいじゃないですか。映画館はお金かかるからあんまり行きまくれないのが悔しいですけど、でっかい画面に臨場感あるサウンドに、本来なら映画館に行った方が絶対いいんですよ。
久々の映画館で見る映画がこの作品で本当によかった。そんな思いを抱えつつ、早速紹介していきましょう。

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』



2015年、オーストラリア・アメリカ。荒廃した未来の世界を描いた、ジョージ・ミラー監督のアクション映画です。

……あ、まだ当然映像ソフト化はされてませんので、上の画像をクリックすると買えるのはDVDやブルーレイじゃなくてポスターです。ご注意ください。

この作品は『マッドマックス』シリーズ第四弾。前作『マッドマックス/サンダードーム』から27年ぶりに公開された、いわゆる最新作というヤツです。すごいですね、27年ぶりですってよ27年ぶり。私の人生より長い時間ですよ。
偉そうに「最新作だよ!」なんて紹介してますが、先に白状しますと私『マッドマックス』シリーズ見るのこれが初めてです。本当はレンタルで見ようとしたんですが、最新作の圧倒的人気により近所のレンタル店では全部借りられてました。許せなかったのでもう最新作だけ見ちゃうことにしました。くそぅ。
それでも不安がなかったわけじゃないんですよ。周りの人から「最新作だけ見ても十分面白いから見れ」と言われてたんですが、「いや、そうは言うけどやっぱ前作要素とかあるでしょ?」とか。前作見てなきゃ楽しめない部分あるんじゃないかなとか。

結論から先に申し上げますと、完全に完全な杞憂でした。
まだ最新作しか見てない私が言うんだから間違いありません。これだけ見ると面白さが削がれるって要素なんかほぼゼロと申し上げても差し支えありませんよ。
本シリーズを初めて見たという立場にある者のひとりとして、ここからはホメカツしていこうと思います。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 17:07| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。