2015年07月14日

映画『ある優しき殺人者の記録』をホメる!

どうも、黒道です。
一昨晩どうやら大分で地震があったようなのですが、福岡住まいの私はまったく気付かず眠りこけていました。私が住んでる地域は別に震度五強じゃないからいいんですが、突然夜中にガチな感じの地震来たらちゃんと逃げられるのか心配です。寝てる間に脱出不能になってたらヤバいですよね。

さて、今回は久々に(?)ですね、白石晃士監督の作品をホメカツしていきたいと思うわけですよ。

映画『ある優しき殺人者の記録』



2014年、白石晃士監督作品。日本・韓国制作のサスペンス・スリラー映画です。

白石監督の作品は、当ブログでも何度もホメカツしてきました。『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』シリーズ、そして『カルト』『オカルト』という具合で。今コワすぎ! シリーズの新章『超コワすぎ!』もあってるし劇場で見たいんですが、金に余裕のない福岡住まいの私は上映してる劇場までなかなか行けませんで、歯がゆい思いです。

で、これはそんな白石監督が、自分の得意技を全部ぶち込みましたみたいな、白石晃士作品のひとつの到達点感すらある作品であります。早速その内容を紹介していきたいと思います。
今回はネタバレ多めです。語りたい部分が結構本筋にガッツリ絡むので。ご注意ください。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 08:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第十三話』をホメる!

どうも、黒道です。
今週はちょっと忙しく、いつもより更新が遅れてしまいました。
先週は『デイ・オブ・ザ・ロブスター』豪華二本立て+やたら攻めた演出のフジオ話でニンジャヘッズのニューロンを爆発四散させた『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』。今週はいったいどんな話なんでしょうか?

アニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
第十三話『スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ』




2015年、TRIGGER制作のアニメです。ニコニコ動画等の動画配信サイトにて配信されています。
物理書籍2巻に収録されています。



おっ! これは来ましたね!
関係者らのツイートから、「次回はこのエピソードではないか?」とヘッズの間では予想されていたようですが、やはりそうだったようです。
平坦ファンの皆さん! 遂に女子高生ニンジャ、ヤモト・コキの出番です! ヤモッチャン回ですよ!
四話ぶりの登場ですね。うーん、しょうがないんですよ、第一部じゃ割と出番少ないんですヤモッチャン。フジオもそうですけど、本格的活躍始めるのは第二部からなんですよね。第一部は基本的にフジキドの復讐物語が重点されてるので。

さて。『ラスト・ガール・スタンディング』でオリガミ爆弾を飛ばすニンジャとして目覚め、ニンジャスレイヤー協力の下ソウカイニンジャ、ソニックブームを倒したヤモト。しかしソウカイヤに楯突いたことにより、逃亡生活を余儀なくされてしまい、アサリ=サンとお別れしたんでしたね。ユウジョウ!
果たして彼女は今どうしているのか。さっそくエピソードの方を見てみましょう。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 18:24| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

映画『トレインスポッティング』をホメる!

どうも、黒道です。

突然ですけど、カレンダーあるじゃないですか。パソコンから当ブログをご覧になって下さってる方なら分かると思うんですけど、右側のサイドバーに。それ見てみて改めて思ったんですが、私のブログ更新ってどういうわけか週の後半に集中してるんですよね。多分私の生活習慣がおかしいからこういうことになってるんですけどね。
というか私がブログの文章考えるのに時間かけすぎなんですよ。もっとさくっと簡潔にまとめればいいのに時間かけるから、書いてる途中でいったん休憩しちゃったり、結局書き上げるのに日をまたいだりしてしまうんですよね。同じ程度のクオリティの文章が、もっと短時間で書けるようになりたいですね。そういうための修業でもありますしね。

というわけで、これまたリクエストいただいた作品です。
ボウリング・フォー・コロンバイン」「博士の異常な愛情」と同じ日に見たんですが、コレを最後に回したというところから、私の心にこの作品がどのように感じられたか少し想像していただけるかもしれません……。

映画『トレインスポッティング』



1996年、イギリス制作。アーヴィン・ウェルシュ原作。ダニー・ボイル監督による、ドラッグを題材としたクライム・フィクションです(正直ジャンルはこの括りでいいのか微妙ですが、よく分からないのでこのまま押し通してしまいます。そもそもジャンル分けにそんなこだわらない男なので、その辺はまぁ適当に)。

この作品において描かれているのは、ドラッグ。それも史上最悪のダウナー系ドラッグ、ヘロインです。
依存性や中毒症状が凄まじく、キめ続けないと体中に地獄の苦しみが走り、際限なく使用量が増えていって、やがて死に至る可能性まであるという。
社会の枠から外れて、このヘロインを延々キメながら過ごす、スコットランドの若者たちの物語。それが本作だと言えましょう。

先に書いてしまうと、こりゃ名作と言われるのも納得の作品です。
かなり鮮烈なドギツイ表現もあり、油断してみると心的ダメージを負う可能性もありますので、ご覧になる際は少しだけ覚悟の上でお願いしたいと思います。
と前置きしたうえで、早速この作品の魅力を紹介していきたいと思いますので、是非続きをご覧ください。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 08:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。