2015年07月17日

アニメ『がっこうぐらし! 第2話』をホメる!

どうも、黒道です。

気付いたんですけど、『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』と『がっこうぐらし!』、同じ日に動画が公開されるんですよね。日付がカブってしまった。いや、だから何だと言われると困るんですが、今までと同じ予定でホメカツしてると私の頭のうがばくはつしてしまうかもしれないので、ちょっと考えなきゃなと思います。

というわけで、まずはこのアニメのホメカツから。

アニメ『がっこうぐらし!』
第2話『おもいで』




2015年、海法紀光、千葉サドル原作のアニメーションです。アニメーション制作Lerche。

第1話のニコニコ動画における再生数はいきなり100万回を突破し、今期もっとも話題のアニメのひとつと言えるであろう『がっこうぐらし』。その第2話でございます。
うわぁ……なんか早速タイトルが重くないですか。だって『おもいで』ですよ。この世界設定で『おもいで』ですよ。かなりの確率でキツい思い出じゃないですか。ひらがなで可愛さ出してる場合じゃなくないですか。

前回『第1話で注目を集めたら、第2話以降は内容で勝負だ』という意味のことを記事で書いたような気がするんですが、果たしてどうなっているのでしょう。世界観については掘り下げられるのでしょうか。
それではさっそく見て行ってみましょう。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 05:50| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

アニメ『ワカコ酒』第1夜をホメる!

どうも、黒道です。

今日は既にアニメ『がっこうぐらし!』のホメカツをしてるんですが、他にもツイッターでちょこっと話題になっていたアニメがありましたので、それも見てみようと思います。

アニメ『ワカコ酒』
第1夜『鮭の塩焼き』




2015年、Office DCIアニメーション制作。新久千映原作のアニメです。
なお、上の画像は原作の画像です。

というわけでですね、『ワカコ酒』。これタイトルからしてアレですね。ワカコっていう女の人が酒を飲む話ですね。井之頭五郎が孤独にご飯を食べる『孤独のグルメ』並に分かりやすいタイトルですね。ツイッターでもテロだとかどうだとか言って話題になっておりましたから間違いありません。
もうタイトルだけで分かりますもんね、第1話はワカコって女性が鮭の塩焼きをツマミに酒飲む話でしょどう考えても。絶対ウマいでしょそんなん。酒が大好きな黒道君はそう思いながらニコニコ動画の配信ページを開いてみました。
するとビックリ。なんと動画再生時間が2分しかない。
おお、2分アニメかぁ、15分アニメとか5分アニメとかも超えた2分アニメかぁ。こりゃお手軽でよろしいですね。気軽に見られる。
というわけで、お手軽に内容を見てみましょう。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 16:45| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニメ『がっこうぐらし! 第1話』をホメる!

どうも、黒道です。
イヤ、夏って感じになってきましたね。毎日暑いです。

で、夏といえばですね、今続々と『夏アニメ』がやって来ているわけですよ。
恥ずかしながら、私普段アニメそんなに見ないんですよね。それこそ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』くらいで。だから「春アニメだ!」「夏アニメだ!」っていちいちチェックしてなかったんですよ。
せっかくこういうブログも作ったし、『アニメ』カテゴリも用意したのに、中身がシヨンしか無いってんじゃ寂しいですからね。夏からは何かアニメを見て楽しもうかなと。そう思ったりしたわけです。

で、ニコニコ動画の今季アニメ一覧を見てみたんですよ。
そしたらなんですかこれ、メチャクチャ多いじゃないですか。ニコニコで配信してるだけで40本以上あるじゃないですか。うわぁ、全然知らなかった。アニメってこんなにいっぱい放送してるんですね。そういう方面について無知だもんでびっくりしちゃいましたよ。
しかしね、見れませんよこんなにアニメばっかり。全部見てホメカツしてたら私のせっかく新しく買ったパソコンと頭脳が爆発四散してしまい、大変よくありません。
というわけでですね、見るアニメは厳選しないと。そう考えた私は、とりあえずツイッターで話題になっているアニメを見てみようじゃないのと思い、とりあえずこれを見ることにしたのです……。

アニメ『がっこうぐらし!』
第1話『はじまり』




2015年、海法紀光、千葉サドル原作のアニメーションです。アニメーション制作Lerche。
私アニメに疎いもので、アニメを見る際に皆さんがどういうところに注目してるのかよく分からないんですよね、監督とか脚本とか作画監督とかも注目すべきなんでしょうか? 詳しい方、ご教授下さい。

さてさて。そういうわけで、『がっこうぐらし』というアニメがツイッターで話題になっていたわけでございます。これを見ようと。

このブログを継続してご覧になっている方には知られているかもわかりませんが、私『作品見る前に事前情報を入れない』派なんですよ。映画でもなんでも。誰が作ったどういう作品だかキッチリ調べてからよし見るぞって方もいらっしゃいますよね? 私はその逆で、初体験のインパクトを大事にしたい派なので、あまり備えないことにしてるんです。だからまずは与えられた最低限の材料から内容を推測するということで。

可愛い女の子? ですね、女の子がいますね。それも四人います。『がっこうぐらし』ってタイトルしてるくらいですから、きっと学校で暮らすんでしょう。どんな事情で? 謎は深まりますが、ひらがな表記がかわいらしいので、かわいいアニメなのは間違いないのでしょう。学校で暮らす女の子の日常を描いたアニメなんでしょうか。

こう考えるとすごいですね。
日本における漫画やラノベ、アニメ文化の文脈において、ひらがなタイトルは「年の若い女の子が出てきてほのぼのしてそう・日常系っぽい」っていう記号化が成立しているわけですよね。
「難しい漢字+カタカナの名前」ってタイトルだったらロボットアニメっぽいとか、タイトルを見ただけで作品内容を想像できるコトってしばしばあるじゃないですか。すごいなと思いません? 自然とタイトルでカテゴリ分けされてるんですよ。タイトル見ただけで「おっ、これは自分向きの作品かもな?」って思えるわけですよ。便利ですね。こういう現象はどうやって成立してるんでしょうね、詳しい方教えてください。

というわけで、このいかにもかわいい女の子の日常を描いてそうなタイトルをしたこのアニメ『がっこうぐらし』なのですが、流石に私もツイッター大好きマンですから、嫌でもちょいちょい前情報が入ってくるわけですよ。曰く……詳細は省くが、とにかくヤバイらしいと。
ヤバイ? こんなかわいい女の子の出てくるアニメが? ということは、日常系に見せかけた何か驚くべき仕掛けがあるわけだな? 日常系だと思ってたのにいきなり人が死んだりとか、実はキャラクターが重い過去を抱えていたりとか、キツい要素が混ざっているのかもしれない。いったい何が。

うーん気になる。とにかく本編を見てみよう、そしたらすべて解決だ。
私は意を決し、アニメを見始めたわけです。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 10:02| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。