2015年06月24日

映画『オンリー・ゴッド』をホメる!

どうも、黒道です。
以前挑戦状としてリクエストいただいた映画で、見たにもかかわらずまだホメカツしてない作品がいくつかあるので、少しずつ紹介してきたいと思うところなわけです。
しかしまあ、ホメカツが遅れてるというのは、単に忙しいとかいう事情もあるといえばあるんですが、その、私の中で消化が難しい作品であるから……ってこともあるんですよね。
今から紹介していく映画も、私をしばらく悩ませた作品です。

映画『オンリー・ゴッド』



2013年、フランス・デンマーク共同制作。ニコラス・ウィンディング・レフン監督によるクライム・スリラーです。

……私、こんな偉そうに作品評ブログやってるんですけど、実はそんなに芸術作品に対する造詣が深いわけじゃないんですよ。映画を見ても「ここのカメラワークが良くてねぇ」とか「ここの音響が」とか「役者の繊細さが」とか「この演出にはこういう意図が」とか全部が全部読み取れるわけじゃないですし。基本的にはバーンドカーンみたいな映画見てよく分かんねえけどその勢いにゲラゲラ笑ってるみたいな。その程度の男なわけですよ。
でも実際そこに作品があったら、その意図を探っていきたいじゃないですか。これを作った人はどういうことを表現したいんだろうな、鑑賞者をどんな気持ちにさせたいんだろうなと。ブログを開始した意図を考えれば、そういうの考えていくことが巡り巡って自分のアウトプットに活きるわけですし……。

前置きが長いですね、つまり、この映画は結構見る人を選びそうだなァって話です。
消化の良い、胃に優しい映画じゃ決してないように思いますから、私と一緒にじっくり味わっていきましょう……。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 00:17| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。