2015年06月11日

映画『秒速5センチメートル』をホメる!

どうも、黒道です。
このブログを始めた時、「半年の間に100記事くらい書こう」と決めていたはずなんですが、なかなか現実は上手くいってません。ホントに半年で100記事書こうとすると、週4かそこらのペースでは更新しなきゃならないはずなんですけどね。難しいなぁ。
でも、嘆いてばかりもいられないので、一つでも多く記事を更新していこうと思います。というわけで、これも先日リクエストいただいた作品です。

映画『秒速5センチメートル』



2004年、新海誠監督のアニメーション映画です。

タイトルの「秒速5センチメートル」とは、桜の花が舞い散るスピードなのだとか。そしてキャッチコピーは「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。
ムムッ!? わかったぞ!? こっ、これ、これは! 私が大の苦手とする! 若い男女が切ない恋愛をするタイプのお話だな!?
タイトルや全体の雰囲気から、早速私は危機感を覚えました。いや、嫌いとかじゃないんですよ? でもアレなんですよ。こういう話を見続けると私は蒸発してしまう可能性があります。どうすればいいんだ。いやいや、せっかく挑戦状を頂いたのだからここは戦わねばならない。全身が発光して塵となってしまう可能性にも負けず戦わねばなりません。

かなり覚悟の時間が必要でしたが、私は心を落ち着かせて映画を見始めました。
……あ、今回の記事、長いしネタバレ祭りなのでご用心ください。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 16:53| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『バタフライ・エフェクト』をホメる!

どうも、黒道です。
結構長い間ホラー作品のホメカツばかり続いたので、ここで一発非ホラー作品をホメていきたいと思います。
というわけで、以前からリクエスト頂いていたこの映画を。

映画『バタフライ・エフェクト』



2004年にアメリカで制作された、エリック・ブレス&J・マッキー・グラバー監督・脚本のSF映画です。

バタフライ・エフェクト(バタフライ効果)といえば、「どこかで蝶が羽ばたくと、地球の裏側で嵐になる」というように、ほんのわずかな出来事が巡り巡って一見無関係そうな他の事象に大きな影響を与えてしまう現象を言います。
ちなみに実際に蝶が羽ばたいても嵐になる可能性は低いっぽいですが、今はいいですねそんなこと。
元々学問の世界で使われる言葉みたいですが、最近はいろんな物語の中でもその名前を聞きますね。
無論、本作『バタフライ・エフェクト』も、そのバタフライ効果を扱ったSF作品です。

私、全然存じ上げなかったんですけど、非常に評価の高い作品なんだそうですね。私も実際見て非常に面白かったので、世間の評価も納得といったところです。むしろ今更私がホメなくてもその素晴らしさはみんな知ってるんじゃ? なんて思ったりもしますが、そこはホラ、ホメカツ記事ってのは、私がこの作品を見て何を感じたかのメモでもあるわけですし。映画をまだご覧になっていない方にはどんどんその魅力を伝えたいし。書くコト自体に損は全然ないですよね。
というわけで、今回はこの作品についてホメていきたいと思います。
続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 03:21| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。