2015年04月18日

映画『ムカデ人間2』をホメる!

昨日の記事「アニメ『ニンジャスレイヤー フロム アニメイシヨン』をホメる!?」、大変沢山の方に見ていただけているようで、いやはや。感謝の一言に尽きます。
このブログ、実は今週の月曜からスタートしてて、まだ生まれて一週間経ってないブログです。一日の訪問者数が100……いや、80も行けばまあ御の字かな……みたいなブログに、ニンジャをキッカケに数千人の方がアクセスして下さいました。それだけあの作品の出来が凄まじいものだったってことですね……いろんな意味で。

見ていただけるのは素直に嬉しい反面、心配事もあります。
この中の何人が、このブログのリピーターになって下さるんだろう? ということです。
どうせなら、話題のニンジャだけじゃなくて、他にも色々頑張ってる記事あるから読んでほしいな。そう思うのは自然でありましょう。
よーし、今日は、忍殺きっかけで来てくれた読者さんが、また読みたくなるような記事を書くぞ〜!

映画『ムカデ人間2』



2011年、トム・シックス監督。オランダ製のホラー映画、第2作目です。

……なんで今のフリでコレなんだよッ!?
いや、申し訳ありません。ここは忍殺の翻訳チームばりにガツンと新規読者の脳にショックをと考えましてですね……すみません。ただ単に書きたかったんです。ホラー映画が好きなんですよ。

さて。このブログの記事をひと通り読んでくださった方はご存知かもしれません。
『ムカデ人間』といえば、人間の口と肛門を手術で接続し『ムカデ人間』を創るとかいうクソみたいな計画を実行に移してしまったマッドサイエンティストと、そのクソみたいな計画に巻き込まれてしまった男女3人の物語でした。一応そちらの方もホメカツしてますので、是非読んでみてください。こちらからご覧になれます。
確か、『題材自体は悪趣味ながら、作り自体は王道を往っており、グロ描写も思ったよりは少なく、笑えるシーンも多数、ホラー初心者の方にも結構勧めやすい(?)作品である』とホメカツしたように覚えております。

あの名作からわずか一年後。トム・シックス監督は、案外すぐ戻ってきました。
『今度は12人。』
思わず気を失いそうになるキャッチコピーと共に。

あ、あの狂じ……監督、ただ人数増やせばイイってワケじゃないんだぞ……?
呆れ返りながら、私は再び『ムカデ人間』の世界へと向かいました。
そこに、底知れぬ暗黒が広がっているとも知らずに……!

『閲覧注意』と、この場で宣言させていただきますね……。続きを読む
posted by 黒道蟲太郎 at 20:35| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。